スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラルクMSG公演、ニューヨークタイムズ記事訳

2012年03月27日 - UNSORTED

ラルクさんおめでとう!凄い景色を見せてくれてありがとう!
ってことでNY TimesのA Debut in New York, 20 Years in the Making「ニューヨークデビュー、20年の軌跡」を訳しました。
上手く訳せていない部分も多々あって見苦しい文章だと思いますが・・・
まあNY Timesに取り上げられただけ凄いよね内容なんてどうでもいいよねテヘェε=┏(^o^)┛逃走
あと、ところどころ洋楽のアーティストの例えが使われていたので、参考になりそうな動画引っ張ってきてみましたww合わせてどうぞw


---------------------------------------------------------------------------------------------

L’Arc~en~CielはバンドのニューヨークデビューとなったMSG公演をソールドアウトさせ、
20年間ミリオンヒットを生み出してきたアリーナクラスのロックバンドである全ての証を見せつけた。

バンドの4人のメンバーは、デザイナーが手掛けたようなパンクな髪型とキラキラで左右非対称の衣装をまとい、
いつでもスポットライトを浴びる準備ができているかのように振る舞っていた。
ステージの周りにはスクリーンは広がり、CGの街並みや炎の壁が映し出され、盛り上がりの絶頂で花火の特効が放たれた。
バンドのリードシンガー、hydeは、「ゴスロック」のクルーニング(低い声で囁くような唱法)や、
深いしゃがれ声、そして中性的なファルセットまでもを可能にするしなやかでメロドラマティック(情緒的)な歌声を展開させた。
ギタリストのkenのソロはEddie Van Halenを彷彿とさせるような音色を響かせた。【参考動画(タバコ…そしてイキ顔…)】

しかし、フランス語で虹を意味するこのL’Arc~en~Cielというバンドは、日本のバンドである。
日本で何千万枚というCDの売り上げを誇るこのバンドは、MSGでヘッドライナーを務める初めての日本人である。
バンドの日本という原点は、多少の英語のフレーズを除いてほとんどが日本語で書かれた歌詞だけではなく、その音楽性にも影響を与えている。
ダブルタイムのドラムとパンクなギターで激しくなる曲も、長く、絶えず続くメロディーラインがあり、
まるでブロードウェイミュージカルで使われるロック音楽のようである。激しい曲でもそうでない曲も、丁寧に、細心の注意を払って演奏される。
hydeは芝居がかった虚勢を張って歌い上げ(※直訳するとこうですが、文脈的に決して悪い意味で使われているわけではなく、
ただ単にhydeの歌は演劇のようだったという意味だと思われます)、スクリーンでアップに映された姿は熱心で、大胆かつ挑発的、
また心がこもり、感傷的であるかと思いきや、いたずらで秘密めいたようにも見られた。その間ずっと彼の歌声は絶え間なく響いていた。

ほとんどの楽曲がQueen、Metallica、U2、Depeche ModeやDavid Bowieのようなギターロックでありながら、
L’Arc~en~CielはXXXのダンスポップのような、アメリカのロックバンドがやろうともしないようなスタイルの曲もこなした。
ベーシストのtetsuyaがいやらしいからかいとともに観客にバナナとロリポップを投げ、
hydeがAxl Roseのような腰を動かす姿は【参考動画(1:12あたりの動きが特に似てるww】
バンドが男らしさ(ただの男らしさというより、machismoはその言葉の音からしてガチムチマッチョな感じ)を見せるというより、
憧れの対象となる様子を表していた(※おそらくラルクが中性的って言いたい)。
そんな彼らの歌詞は真実、愛、運命、無限の孤独を哲学的に思索する。

hydeとtetsuyaによって1991年に結成されたL’Arc~en~Cielは、アニメやテレビゲームの主題歌でその人気を獲得した。
これまでの北米でのライブはボルチモアで2004年にアニメファンを対象に開かれたオタコンのみである。
今回MSGのファンは、鋼の錬金術師主題歌のアップテンポなパンクポップREADY STEADY GOを始めとした、
アニメの主題歌となった曲たちに盛り上がりを見せた。
アニメは言語の壁をとっぱらい、バンドは今後ヨーロッパとアジアへツアーを進めていく。アメリカで行われる公演はあとハワイだけである。

「ここへ来るまで20年かかった」とhydeは最後の曲「虹」の前に語った。「また会えるよね?」


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ラルクMSG公演、ニュ】

ラルクさんおめでとう!凄い景色を見せてくれてありがとう!ってことでNY TimesのA Debut in New York, 20

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このサイトについて


藤子
2011年を機に返り咲きました
基本下手大好きぺろぺろ
>>ABOUT
>>LIVE
>>MAIL



<今後のLIVE予定>
0421 ももクロ
0422 ももクロ
0429 HERO
0511 ボンバー
0512 ラルク
0513 ラルク
0520 ラルク
0609 ムック
0617 ボンバー
0618 ボンバー


follow fjkfjkfjk at http://twitter.com




.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。